会社が納める税金

コイン

会社が納める税金、どんなものがある?

札幌市東区の税理士が執筆する「簡易顧問Blog」
今回のテーマは、「会社が納める税金」です。

会社が納めなければならない税金には、どんなものがあるのでしょうか。
この記事をご覧いただくと、 会社が納めなければならない税金の種類、納める時期が把握できます。

会社が納める税金の種類

会社が納める必要がある税金としては、次のものがあります。
会社によっては納めなくてもいいものがなかにはありますが、ひととおり列挙しますね。

法人税、地方法人税、法人事業税、法人都道府県民税、法人市町村民税、消費税及び地方消費税、源泉所得税、固定資産税(土地・家屋)、固定資産税(償却資産)、自動車税(軽自動車税を含む)。

この他、税金ではありませんが、社会保険料(健康保険・厚生年金)と労働保険料(労災保険・雇用保険)があります。

また、印紙税もありますが、今回は解説を省略します。

会社の利益に応じて納付する税金

上記で列挙した税金のうち、会社の利益に応じて納付する金額が決まるのは、次のものになります。

法人税、地方法人税、法人事業税、法人都道府県民税、法人市町村民税。

ただし、 法人都道府県民税、法人市町村民税それぞれに均等割という部分があり、利益に関わらず納付する必要があります。

会社の利益に関係なく納付する税金

会社が納付する税金には、利益に応じて納付する税金のほかに、利益に関係なく納付する必要がある(利益を課税の根拠としない)ものがあります。

均等割

先程も触れましたが、 法人都道府県民税、法人市町村民税それぞれに均等割という部分があります。

均等割とは、行政サービスを維持するために要する費用を広範囲の者に負担してもらおうという趣旨のもので、会社の規模に応じて金額が決まります。
そのため、会社がたとえ赤字であっても、一定額の納付が必要となります。

札幌市所在の会社の場合は、最低でも法人道民税分が2万円、法人市民税分が5万円です。

なお、札幌市の近郊の都市(江別市、石狩市、北広島市、恵庭市、千歳市)は、法人市民税の均等割は最低6万円となっています。

消費税及び地方消費税

消費税は、赤字の場合でも納付が生ずる場合が多いです。
なぜなら、そもそも消費税は利益に対して課税されるものではないからです。

ただし、免税事業者の場合や、消費税の還付を受けられる場合は納付する必要がありません。

源泉所得税

源泉所得税は、役員や従業員に払う給与から会社が天引きして納付するものなので、会社の利益とは関係なく納付する必要があります。

金額は、給与の額に応じて決まります。

固定資産税

固定資産税は、一定の資産の保有に対して課される税金ですので、会社が資産を保有していれば、利益とは関係なく納付する必要があります。

金額は、保有する資産の価値に応じて決まります。

自動車税(軽自動車税を含む)

会社名義で自動車を保有していれば、納付する必要があります。

金額は、自動車の排気量に応じて決まります。

社会保険関係

この他、税金ではありませんが、社会保険料(健康保険、厚生年金)、労働保険料(労災保険、雇用保険)があります。
これらについても、会社の利益とは関係なくかかってくるものです。

金額は、給与の額に応じて決まります。
場合によっては、税金よりも社会保険料(健康保険、厚生年金)の負担が重いかもしれません。

納税の時期

税金は、それぞれ納付する時期が異なります。
以下、納付する回数によって分類してみます。

年1回納付するのもの

法人税、地方法人税、法人事業税、法人都道府県民税、法人市町村民税、消費税及び地方消費税については、原則として、事業年度終了の日の翌日から2か月以内です。

例えば、事業年度が4月1日から3月31日までの会社の場合は、5月31日までに納付することになります。

ただし、前年1年間に納付する税額が一定額以上の場合は、前年の税額の半分の金額を途中で予め納付することになります(予定納税)。
この場合は、決算で1年分の税金を計算して差額を納付しますので、あわせて年2回の納付ということになります。

自動車税は、年1回5月末までに納付します。

労働保険についても原則年1回(分納が認められる場合もあります)で、6月1日から7月10日までに納付します。

毎月納付するのもの

源泉所得税は、給与を支払った月の翌月10日までに納付しなければなりません。

ただし、給与の支給人員が常時10人未満である場合には、申請書を提出することによって、半年分をまとめて納付するという制度もあります。
この申請をした場合は、7月10日までに上半期(1月~6月)分を、翌年1月20日までに下半期(7月~12月)分を納付します。

社会保険料については、毎月月末に前月分を納付することになります。口座振替で納付する場合が多いです。

複数回にわたって納付するもの

固定資産税は、年4回に分けて納付することになります。
ただし、一括で納付することもできます。

納付の時期は、自治体によって異なります。

まとめ

今回は、会社が納めなければならない税金の種類、納める時期について解説しました。

会社が納める税金には、たくさんの種類があります。
なかには、赤字でも納める必要があるものがあります。

また、それぞれ納める期限が異なりますので、納付し忘れることのないように注意が必要です。

設立間もない時期は納付する額が少ないかもしれませんが、資金繰りにも注意する必要があります。
一覧表などを作って管理してみるのもいいかもしれませんね。